2019年 12月 8日 (日)

保阪正康の「不可視の視点」
明治維新150年でふり返る近代日本(31)
毛沢東は「日本の歩む道」予言していた

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   近代日本の軍事的、政治的失敗は、対中政策の誤りにあったと言えるのだが、この誤謬は結局は、軍事観や哲学のありようにあった。東條英機をはじめとする日本の軍事指導者は、軍官僚に過ぎず、当時の国際社会(つまり第二次世界大戦下の歴史的状況)の指導者に比べると、明らかに見劣りがした。それを認めずに近代日本の姿を語ったにしても、さして意味がない。

  • ノンフィクション作家の保阪正康さん
    ノンフィクション作家の保阪正康さん
  • 毛沢東は「日本の歩む道」を予言していたのか(写真は北京の天安門広場)
    毛沢東は「日本の歩む道」を予言していたのか(写真は北京の天安門広場)

日中戦争はなぜ泥沼化したのか

   今回から2回ほど、日中戦争はなぜ泥沼化したか、そのことを中国側から見た視点で解いて見たい。対中政策の誤りの根幹を見つめようとの意図を含んでいる。同時に戦略なき日本の軍事観はいかに国民にとって残酷な結果を強いるのか、そのことを確認しておく必要がある。あえて付け加えておくが、戦後になっても、たとえば中国の軍事観や毛沢東の抗日戦の思想を真正面から地に足のついた形で検証した例は少ない。私の知る限り、政治評論家で、池田勇人や大平正芳などの総理大臣の秘書で相談役だった伊藤昌哉(『自民党戦国史』の著者)がもっともわかりやすく解説しているのを知る程度である。

   毛沢東は抗日戦を通じて、実戦の中から学び、学びつつ実践していくとの立場で、戦争哲学を作った。毛沢東は孫子の心酔者であり、その兵法を元に独自の戦争哲学作りを目指している。伊藤は東京帝大を卒業したあと陸軍に徴用され、主計将校になった。敗戦時は中国の長沙の部隊にいたが、対中戦で負けたとの意識はなかったという。しかし日本は現実には、敗戦になっていく。この負けていないのに負けていく心理こそ、人民戦争の骨子だということになるのであろう。

   伊藤は毛沢東の持久戦論やゲリラ戦などは共産主義とは関係なく、孫子、クラウゼビッツを踏まえつつの戦争論だと評価するのである。毛沢東の人民戦争論の骨子は、次のように分析できるというのだ。伊藤の著作(『自民党孫子」)からの引用である。

「兵力の劣勢にある味方は、一時国内に自発的に退却し、敵が味方の勢力圏内での辛労困苦によって、その戦力を著しく衰退させるのを待って一大反攻、決戦に出る。このとき国土の地形を利用し、『人民の協力』という条件を総動員することができる。これが人民戦争の理論である」

日本軍という敵には「指揮の面で欠陥」

   この骨子に引き入れられて、各種の戦略が組み込まれていく。毛沢東の軍事法則は幾重にも入り組んだ形で、ある鉄則を生んでいく。伊藤が毛沢東の『実践論』などをまとめる形で分析している部分での毛沢東の紹介はそれなりに説得力を持っている。

「軍事上の法則は、客観的事実の我々の頭脳への反映である〔伊藤の注:強い軍事力は弱い軍事力に必ず勝つという客観的事実〕は一つの法則に則るものとして我々には認識される。このことが認識され、実践され、再認識され、再実践されて、いよいよ確かめられる、だから実践だ《毛沢東「実践論》」)。我々の頭脳(主観)以外はすべて客観的事実である。学習と認識の対象は、敵・味方の両方面を含んでいる」

   つまり毛沢東は、「彼を知り、己れを知れば百戦殆うからず」という孫子の教えは、客観的事実の発展法則を知るために彼を知り、この法則に則って自己の決定をするというのは、つまりは己れを知ることと断言するのである。日本軍という敵には「指揮の面で欠陥」がある、と毛沢東は見抜いていた。それをやはり伊藤のまとめによって考えてみよう。

   私は伊藤の著作(ベストセラーとなった『自民党戦国史』)の一部をまとめたこともあり、伊藤と常時連絡は取れていた。その伊藤からの言は、私にとって極めて重かった。日本軍の弱点は、以下のようにまとめられる。

(1)兵力を小出しに増加したことである。中国を見くびっていた。
(2)主攻方向がない。均等に兵力を配備する。
(3)戦略的協同がない。軍内の協調体制の欠如。
(4)戦略的時期を逸している。軍内内部に対立がある。
(5)包囲は多いが殲滅は少ない。指揮が拙劣である。

   これらは日本軍の指揮のまずさである。これは日本軍の体質から来ているので、誤りを繰り返すまいとしてもそれは無理だというのである。確かに将校の教育は優れているかも知れないが、その迷信(天皇信仰)への傾きや傲岸不遜に打撃を与えるのは、殲滅戦と捕虜への教育であるとも言っている。日本は中国との戦争を始めて歩む道はまさに帝国主義の本質を露わにしているというのであった。つまり日本の歩む道を、毛沢東は予言していた。当時の日本軍の指導者が戦略を持たないために、自己崩壊まで進む組織であることがわかってくる。

   共産党と国民党(次回に紹介)の認識はほとんど同じであることに、私は驚いた。(第32回に続く)




プロフィール
保阪正康(ほさか・まさやす)
1939(昭和14)年北海道生まれ。ノンフィクション作家。同志社大学文学部卒。『東條英機と天皇の時代』『陸軍省軍務局と日米開戦』『あの戦争は何だったのか』『ナショナリズムの昭和』(和辻哲郎文化賞)、『昭和陸軍の研究(上下)』、『昭和史の大河を往く』シリーズ、『昭和の怪物 七つの謎』(講談社現代新書)、『天皇陛下「生前退位」への想い』(新潮社)など著書多数。2004年に菊池寛賞受賞。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中