2019年 5月 24日 (金)

「炎上」語ったウーマン村本に小林よしのり「単なる無責任」 羽鳥アナ「違うと思う」発言を称賛

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   テレビ番組のインタビューで「炎上したら広がる。広がったら考える人が増える」などと発言したお笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔さん(38)について、漫画家の小林よしのり氏(65)が2019年2月23日のブログで「単なる無責任でしかない」と痛烈に批判した。

   インタビューは21日の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)で放送。村本さんの発言に羽鳥アナが真剣な面持ちで反論し、スタジオに緊迫感が漂ったことも含め、放送内容はインターネット上でも話題を集めた。その羽鳥アナに対して、小林氏は「『違うと思う』と言い張った根性は大したものだ」と称賛した。

  • 小林よしのり氏(2014年撮影)
    小林よしのり氏(2014年撮影)

「間違っていてもいいから、僕は発信し続けること」

   沖縄基地や原発をはじめとした社会問題に、漫才やツイッターを通して切り込んできた村本さん。番組のインタビューでは

「基地は沖縄だけの話じゃない。日本の話。原発は(大飯原発がある)福井県の話ではなく全国の話でしょ。でも、なぜかみんな聞かない。考えないで楽に語れるものを求めているんですよ、遊びで語れるものを。自分達さえよければいいから」

と問題意識を述べ、人々が関心を持たない背景として「見ている側の『心の余裕』が徐々になくなっているような気がする」と持論を語った。

   話を受け、インタビューしたテレビ朝日記者の玉川徹氏に「手っ取り早く自分が気持ちよくなれるような、ちょっと考えれば済むようなものに需要がいって、テレビはそこに乗っかっちゃってる?」と聞かれた村本さんは、

「乗っかっちゃってる。不安を解消するための道具であって、真実を伝えるための道具じゃない、テレビは」

とメディアを批判。その上で、

「だから黙るのではなくて、間違っていてもいいから、僕は発信し続けること(が重要だと思う)」

と説いた。

   ツイッターなどでは時に過激な論調となり、「炎上」を起こすことも少なくない村本さんだが、玉川氏に「僕から見ると『そんなことまで書かなくていいのにな』ということをツイッターで出すのも意味があるということ?」と聞かれると、

「意味がある。炎上したら広がる。広がったら考える人が増える。それが正解・不正解...全員バカじゃないから。『村本バカだ』『村本正しい』というより、みんな明日、明後日は違う考えになっている。考えることを成熟させることですよ」

と自身の発信の意義を訴えていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中