2020年 9月 30日 (水)

「グリコ」アプリ記事に研究者が苦言 夫婦のすれ違い解説に「安易に『脳科学』に理由を帰属させることは浅慮」

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   江崎グリコが子育て中の夫婦に向けたスマートフォン向けアプリ「こぺ」の一部サービスをめぐり、懐疑的な意見が寄せられている。

   アプリでは夫婦間のすれ違いは「脳の差異」が原因だとして、さまざまなアドバイスを送っている。しかし、専門家は「安易に『脳科学』に理由を帰属させることは浅慮」と一蹴する。

  • 「こぺ」画面
    「こぺ」画面
  • 妻「好きにすれば?」の本音は?(「こぺ」公式サイトより)
    妻「好きにすれば?」の本音は?(「こぺ」公式サイトより)
  • 「こぺ」画面
  • 妻「好きにすれば?」の本音は?(「こぺ」公式サイトより)

「女性脳は何より共感を求めているの」

   2019年2月4日にリリースされた「こぺ」。子育て中の夫婦のすれ違いを解消するとのコンセプトで、記事などを配信している。

   公式サイトのコンテンツ「おしえて!こぺ!」では、すれ違いの原因は「脳の性差」にあると解説。

「脳を装置として見立ててみると、男性脳と女性脳では回路のかたちや信号の種類がちがうから、当然、おなじ入力に対しての出力も変わってくるよ。それなのに、パートナーを自分と同じように扱おうとするから、ストレスを感じてしまう」

   これを前提に、アプリの記事では関係を良好に保つテクニックを紹介。女性向け記事では、

「段取り上手の女性脳と比べて、男性たちはあまりにも段取りが悪い」
「男性脳には『察する機能』がついていないと思った方がいいよ! 本来はついていなくて、経験によって培われるオプション機能だと! 左右の連携が悪い男性脳は、目の前の些細な変化に気づくのが苦手なんだ」

   男性向け記事では、

「女性脳は何より共感を求めているの。話を聞いてくれて、共感さえしてくれればOKなの」
「『言わなくても』察してもらえることで、大切にされていると実感できるのが女性脳。つまり、察する気がない=愛されていない、になってしまう」

などと助言している。

   「おしえて!こぺ!」では、「パパのためのママの気持ち翻訳」との情報も提供されている。例えば「仕事と家庭のどっちが大事なの?」と妻に言われ場合、本音は「私は家庭を優先しているのにあなたは仕事ばかりでさびしいわ」だという。そのため、夫に「寂しい思いをさせてごめんと謝って。ママに仕事の愚痴を打ち明けてあげよう」とアドバイスを送っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中