2019年 11月 15日 (金)

志らく、炎上にうんざり 「落語を聴いてください。人間もどきにならずにすみます」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   落語家の立川志らくさんが2019年2月27日から、ツイッターの一部のユーザーに対する不満ツイートを連発している。

   27日に車椅子の乗車拒否に関しての発言が「炎上」したことについて、志らくさんは心底うんざりした様子だ。

  • 車椅子めぐる発言で批判を受けて…(イメージ)
    車椅子めぐる発言で批判を受けて…(イメージ)

「炎上とは世の中の得体の知れない3%の輩が...」

   志らくさんは、

「車椅子を利用している人をバスに乗せてあげたらいいという話にこれだけの人がいちゃもんつけてくるとは凄い。乱暴な言い方するぞ、おい心のない馬鹿は物を申すな」
「炎上とは世の中の得体の知れない3%の輩が騒いでいるに過ぎない。心が無さすぎる。私も馬鹿だが心はある。近頃の馬鹿には心がないから始末に悪い」

と、批判をぶつけてくる相手に対して憤慨する気持ちを隠さずバッサリ。さらに翌28日には、

「鰻を食べれば叱られ車椅子を利用している人に優しくしようと言えば絡まれ、しまいには好感度が低いことを反省しろとかみつかれ、本当に世の中には人間もどきが沢山いるんだなあと嘆いてしまいます」

と、ツイッター上でぶつけられたのだろう批判に辟易している様子を見せた。そして、

「是非落語を聴いてください。人間もどきにならずにすみます」

と続けた。

「自分の子供だと想像したら...」

   今回の炎上のきっかけとなったのは、志らくさんが27日に出演した「ひるおび!」(TBS系)での発言だ。車椅子の乗客がバスに乗ろうとしたところ、発車時刻が迫っているという理由で運転手が乗車を拒否したニュースについて志らくさんが苦言を呈した。志らくさんはツイッターでも「車椅子の方が自分の子供だと想像したら絶対に運転手さんは乗せている筈だ」と持論を繰り返し、これに対して、一部から批判が寄せられた。

   炎上を嘆く志らくさんの呟きに、読者からは、

「落語きっと見に行きます! これからも応援しています」
「あまり気になさらないでいいかと」
「昔も同じです。SNSがなかったからきこえなかっただけです。ややこしすぎるのは相手しすぎないことです」

など、励ましの声が多く集まった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中