2019年 11月 13日 (水)

デーブがゴーンにアドバイス 「イメージアップ」への秘策

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京地裁が2019年3月5日に保釈を認める決定を出し、保釈保証金が合計10億円と報じられている、日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告。

   そのゴーン前会長について、テレビプロデューサーのデーブ・スペクターさんが3月6日、ツイッターでイメージアップを図るための「秘策」をアドバイスした。その内容とは――。

  • デーブ・スペクターさん(2016年撮影)
    デーブ・スペクターさん(2016年撮影)

「タンスにゴーンって言いたいだけでしょ?」

   デーブさんはツイートで、「ゴーン被告にあらゆる報道番組から出演オファーが来てると思うが」と前置きし、

「イメージアップを図るならサンデージャポンでしょう」

と自身も出演するTBS系のワイドショー番組「サンデー・ジャポン」の名を挙げた。これを受け、リプライ欄には

「ギャラは10億円です(笑)」
「爆笑問題の太田には会うたらあかん」
「それ、逆効果」

とツッコミが相次いだ。またデーブさんがテレビやツイッターでよくダジャレを披露することを踏まえ、「タンスにゴーンって言いたいだけでしょ?」というコメントも寄せられていた。

   一方、デーブさんがゴーン前会長におすすめする「サンデー・ジャポン」に「待った」をかけ、別番組を提案するリプライも多く見受けられた。

「まず、NHKの『チコちゃんに叱られる!』で叱られてからサンジャポへ」
「有吉反省会に出て禊したほうが良いよ」
「たけしさんかさんまさんにいじってもらうのが1番だと思う」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中