2019年 5月 22日 (水)

助手席側ペシャンコ、ドア外れかけ... 危険すぎる「半壊」軽トラが公道走る

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   ほぼ「半壊状態」の軽トラックが、公道を走っていた――。2019年3月6日、ツイッターに投稿された1本の動画が、インターネット上で波紋を広げている。

   動画の軽トラは、運転席部分がいびつに歪んでいる。とくに助手席側の損傷が酷く、ドアが外れかけ、外側に大きく飛び出している。こうしたボロボロの状態のまま、走行を続けていたのだ。

  • ツイッターに投稿された動画より
    ツイッターに投稿された動画より

「助手席乗ってたら...」

   投稿者によれば、この動画は愛知県豊川市で5日に撮影された。職場の同僚から送られてきたものを、投稿者が代わりにツイッターへアップしたという。

   動画は約7秒。軽トラからは「ガタガタガタガタ...」という異音も聞こえる。車体は助手席側を中心に大きく破損しているが、荷台部分は本来の姿のままだ。こうした状態からは、何かに激しく衝突した直後のようにも思える。

   この軽トラについて、投稿者は「これでも走るんだ」と驚きを露わに。続くツイートでは、その後の状況について、

「足回り死んでたらしく、この後曲がりきれず畑に突っ込んでったみたいです...」

とも伝えていた。

   この動画について、ネット上では「マジで危ない」「こんなんで走っちゃダメだ」などと危険性を指摘する書き込みが続出。なかには、車体の損傷の激しさからか、「助手席乗ってたら死んでるなこれ」といった感想を漏らすユーザーも出ていた。

車両火災の危険も

   見るからに危険な状況ではあるが、プロの目から見るとどうなのか。J-CASTニュースが7日、車の整備やレッカーサービスを行う都内の専門業者に取材した。

   まず、担当者に動画を見てもらうと、「100%道交法違反ですね」とバッサリ。その上で、

「破損の状況から、ウインカー、ヘッドライトも付かないでしょう。ドアも外れかかっているので、車検時とは車幅も違いますよね。もう、確実に法律違反の状態だと言えますね」

と説明。「当たり前ですが、絶対にレッカー車を手配しなくてはいけないケースです」とも続けた。

   さらに担当者は、二次災害の可能性も高いと指摘。「ドアが外れて飛んで行って、後続車などに当たる危険もあります」とした上で、

「これ、タイヤもパンクしていますよね。このまま走っていると、火が付くことも考えられます。車両火災を引き起こす危険もありえます。非常に危険な状態です」

とも訴えていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中