2021年 4月 14日 (水)

ZIPAIRは「お客様を『圧縮』するという意図ではない」 JAL、新LCCに見せた自信

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

まずはソウル、バンコク路線から

   20年の運航開始時には、JALのボーイング787-8型機2機を改修して導入。成田とソウル(仁川)、バンコク(スワンナブーム)の2都市を結ぶ。すでに多くのLCCが参入しており、高い需要や市場の成長が見込めることが理由だ。その後は年に1機のペースで飛行機を増やし、長距離の洋上飛行に必要な認証「ETOPS(イートップス)」が得られ次第、早ければ21年夏スケジュールから北米や欧州への就航を目指す。ホノルルやグアムについても「検討の対象になる」とした。

   なお、「圧縮」問題については、先行のLCCと比べて

「相当ゆとりのある座席配置が作れたのではないかと自負している」

と話している。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中