2019年 10月 21日 (月)

ゴキブリ?牛角のライスに虫が...! ツイッター告発→運営会社謝罪「厳粛に受け止め、再発防止取り組む」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   焼肉チェーン「牛角」の大阪府内のフランチャイズ店舗で、ライスの中に小さなゴキブリらしき虫が2匹混入していたと、ツイッター上で写真が投稿され、騒ぎになっている。

   牛角の運営会社は、「提供したご飯の中に虫が混入していた事故が発生」として会社サイト上で謝罪した。

  • 会社サイト上にお詫び文を掲載
    会社サイト上にお詫び文を掲載
  • 「なめられ」(@namerare_cps)さんのツイートより。画像は編集部で一部修正
    「なめられ」(@namerare_cps)さんのツイートより。画像は編集部で一部修正

全額返金も...「防止策提示して」

   食べかけのライスの中に、茶色い小さな虫の死骸が混ざっている。さらに、もう1匹、色の薄い虫の死骸もお椀の片隅にくっ付いていた。

   この2枚の写真は、「なめられ」(@namerare_cps)さんが2019年3月7日、ツイッターに投稿した。後輩が食べたライスの中に混入していたという。「いま文句言っとる」とこの日起きたことを明かし、「普通に食欲どっかいったw」と漏らした。

   「なめられ」さんは、店にクレームを入れると、店長が出てきて謝罪したうえで、全額を返金してもらったという。ツイッターでは、情報の拡散を希望した。

   「なめられ」さんは8日、J-CASTニュースの取材に応じ、「店長はなぜ混入していたかまでは説明していませんでした」と明かした。牛角側に対しては、「今後の対応としてはゴキブリの混入の何らかの形での具体的な防止策を提示して頂きたいです」と訴えている。 牛角を運営するレインズインターナショナルは同日、「異物混入事故に関するお詫び」のタイトルで、お知らせ文を会社サイト上にアップした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中