2019年 3月 22日 (金)

北朝鮮メディア、米朝会談「合意なし」に初言及 矛先は日本に...

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   北朝鮮の朝鮮労働党の機関紙、労働新聞は2019年3月8日付の論評記事で、ハノイで行われた2回目の米朝首脳会談について

「良い結果が出ることを願ってやまなかった内外(各国)は、会談が意外にも合意文がなく終わったことについて、米国にその責任があると一様に主張している」

などと報じた。これまで北朝鮮メディアは、米朝会談を含むベトナム訪問は「成功裏」に終わったと報じ、合意がなかったことには触れてこなかった。

   論評では、米国への直接的な批判を避ける一方で、

「唯一、日本の反動層だけは、まるで朗報に接したかのように拍手して憎らしく振る舞っている」

などと日本を批判した。論評記事の見出しは「厄介な島国の国民は天罰を免れないだろう」だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中