2019年 10月 21日 (月)

「捕まったこともないのに適当に言うな」 ホリエモンだから分かるゴーン氏の心情

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   実業家の堀江貴文氏(46)が、日産自動車前会長、カルロス・ゴーン氏の勾留・保釈について、自身の体験を踏まえて持論を展開した。

   元ライブドア社長の堀江氏は、2006年に証券取引法違反容疑で逮捕されており、94日にわたって東京拘置所に収容されていた。

  • 堀江貴文氏(2017年9月撮影)
    堀江貴文氏(2017年9月撮影)

テリー伊藤に「なめてるっていうのはちょっとひどい」

   2019年3月10日放送の情報バラエティー番組「サンデー・ジャポン」(TBS系)に出演した堀江氏。ゴーン氏が勾留108日目にして保釈されたことに関し、番組MC の爆笑問題・田中裕二さんに「保釈の先輩」として意見を求められ、

「自分は会社に強制捜査が入って、1週間ぐらい逮捕されなかったんですけど、あの人はフランスかどっかからプライベートジェットから羽田に降りた瞬間逮捕されているんで、いきなり逮捕なんで精神的には相当きていたと思います」

と発言。さらに勾留期間について、

「(堀江氏は)94日間なんで、108日は長いです。しかもお正月をたぶん挟んでるでしょ。お正月の間は面会できないです。1週間とか誰も来ないからめちゃくちゃ寂しいんですよ」

と、自身の経験と比べつつ、ゴーン氏の心情を慮った。

   SKE48の須田亜香里さんは「あの変装、最初見たときふざけてるのかと思いました」と発言。「自分の無罪に自信があったら...」と続けようとすると、堀江氏は言葉を遮り、

「だからあんたね。捕まってみてそんなこと言えるか」
「捕まったこともないのに適当に言うな」

と反論した。「(ゴーン氏は)日本人なめていると思いますよ」と発言したテリー伊藤さんに対しても、「なめてないっす。テリーさんぜったいなめてない。あの人はただナーバスになっているだけです。それをなめてるっていうのはちょっとひどい」と、ゴーン氏を擁護した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中