2019年 3月 22日 (金)

クロ現「フェイクニュース」特集に「異論」 何が外交官の命を奪ったのか

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   2018年9月の台風21号の影響で関西国際空港に外国人を含む多くの利用者が取り残された問題で、対応が後手に回ったとして批判が相次いだ末に台湾の外交官が自殺した。この背景にあったと指摘されているのが「フェイクニュース」で、19年3月4日にはNHKの「クローズアップ現代+」でも特集された。

   ただ、この見立てには異論も出ている。ファクトチェックを支援する団体「ファクトチェック・イニシアティブ(FIJ)」が「フェイクニュースの本質は何か」と題して3月10日に行ったセミナーでは、自殺が「フェイクニュースが原因ではない可能性」も指摘されたのだ。

  • 「ファクトチェック・イニシアティブ(FIJ)」のセミナーでは「フェイクニュース」をめぐる番組への異論も出た
    「ファクトチェック・イニシアティブ(FIJ)」のセミナーでは「フェイクニュース」をめぐる番組への異論も出た

「最後の引き金が何だったのか今も明らかになっていませんが」...

   自殺したのは、台湾の窓口機関にあたる、台北駐大阪経済文化弁事処の蘇啓誠処長(享年61)。番組は

「ネット上をかけめぐったフェイクニュースが、一人の外交官の命を奪いました」

というナレーションで始まり、「フェイクニュース」の拡散については、

「中国の大使館が専用のバスを手配し、空港から連れ出してくれた」

といったネットの書き込みがあったが、

「この情報は事実でなかったことが、後になって分かります。バスはすべて、関西空港が手配したものだったのです」

などと説明した。批判はネット上の書き込みにとどまらず、テレビ番組や野党議員からも出たことを紹介。終盤に武田真一アナウンサーが

「最後の引き金が何だったのか今も明らかになっていませんが、どこかで歯止めをかけられなかったのか、やりきれない思いがします」

と論評した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中