2019年 8月 21日 (水)

撮り鉄が勝手に金網外す? 撮影に協力的だった組織が「今後許可せず」

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   滋賀県内のJR北陸線・長浜駅近くで、SLを撮影していた鉄道ファン4人が線路脇の金網を外すなどの迷惑行為をしていたとして、ツイッターに写真が投稿される騒ぎになっている。

   カメラを構えた若い男性が、地面に2つ重ねたブロックの上に乗り、フェンスの金網と柵にできたすき間からのぞくようにSLの通過を待っている。

  • 線路脇フェンスの柵から大きく外された金網(写真は、野菜嫌い@syasinyorosikuさん提供)
    線路脇フェンスの柵から大きく外された金網(写真は、野菜嫌い@syasinyorosikuさん提供)

ツイッターに「顔にモザイク」写真をアップ

   ほかにも、3人の若い男性がフェンスにへばりつくなどして待機していた。

   この写真は、「野菜嫌い」(@syasinyorosiku)さんが2019年3月10日、男性らの顔にモザイクをかけたうえで、ツイッター上にアップした。もう1枚のカットがあり、そこでは、金網の一部が柵から大きく外されたようになっている。

   この日は、デゴイチの愛称で親しまれる蒸気機関車「D51」が、観光列車「SL北びわこ号」として初めて北陸線を走った。満員の424人を乗せ、滋賀県内の米原―木ノ本駅間で期間限定で運行した。D51は、ポニーと呼ばれる小型の機関車「C56」が引退したのを引き継いだ形だ。

   「野菜嫌い」さんのツイートやJ-CASTニュースの取材への回答によると、高校生か大学生ぐらいの4人が、その前にいた場所を追い出された形で、線路沿いで踏切横にある長浜市プロパンガス事業協同組合の駐車場に無断で立ち入ってきた。駐車場のブロックを勝手に動かして足場にしたうえ、フェンスの金網を外して写真撮影のためのすき間を作っていたという。

   日曜日で当直をしていた協同組合の職員が見に来たが、「50歳ぐらいの男性が金網を広げていた」などとウソを付いていたという。

   ツイート主は、4人の顔も見える写真をこの職員に出し、対応を任せることにした。次回のSLは、9月にも運行予定になっているが、職員は、今後は撮影を禁止すると言っていたという。ツイート主は、協同組合から許可を取って撮影していたが、4人に注意できなかったことを悔やんでいるそうだ。

長浜市「マナーを守るよう呼びかけたのに、非常に残念」

   長浜市プロパンガス事業協同組合にJ-CASTニュースが3月12日に聞いたところによると、フェンスのある場所は、線路のカーブが終わるところで、車両が連なって見えてアングルがいいと鉄道ファンに人気だという。

   協同組合はこれまで、業務の妨げにならなければいいと、求められればSL撮影を許可していた。しかし、今後は、新しく求めがあっても撮影を許可しないことにしたという。防犯カメラについても、状況に応じて考えないといけないかもしれないとしている。

   ツイートの反響で、市の観光振興課が11日、協同組合に電話で問い合わせをしていた。同課は、SL運行に合わせて踏切に立っている安全啓発員に今後は巡回してもらうことも考えたいと協同組合に伝えたと取材に明らかにした。JR西日本や滋賀県の担当課にも、ツイートのことを連絡したとしている。

   市では、SL運行時に迷惑行為へのクレームが数件入るため、問題が起こりそうなところに安全啓発員を重点配置している。過去には、鉄道ファンが駐車場に三脚を持って入ったとクレームがあって配置したこともあるという。今回のことについて、「マナーを守るように啓発グッズを配ったり市の広報で呼びかけたりしている中で、非常に残念だ」と話している。

   JR西日本の近畿統括本部は12日、「巡回警備していた長浜駅の駅員に聞いたところ、フェンスはJRのものではないが、現場では4、5人が撮影を巡ってもめていた、とのことです」と広報担当者が取材に答えた。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中