2019年 3月 22日 (金)

横浜市議選アンケート、質問せずに「無回答」と記載 立候補予定者指摘で地域紙「こちら側の不手際」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   アンケートが届いていないのに無回答にされた――。地域新聞「タウンニュース」がインターネット上で公開した横浜市議選の調査結果をめぐり、波紋が広がっている。

   戸塚区から立候補する無所属新人の広こしゆみこ氏が「不備」を指摘したところ、「事実を曲げて報道することは許されない」と批判を集めている。

  • 立候補者アンケートのページ。戸塚区のリンクが削除されている(14日11時30分時点、編集部で一部加工)
    立候補者アンケートのページ。戸塚区のリンクが削除されている(14日11時30分時点、編集部で一部加工)

「印象操作だし有権者をバカにしています」

   タウンニュースは神奈川県と東京多摩を対象とする地域紙。大手紙の折込みや街頭で配布し、216万部を発行する。

   物議を醸しているのは、2019年3月29日告示の横浜市議選に向けて同社が実施した「立候補予定者アンケート」だ。立候補者133人を対象に記名式で調査を行い、重要視する政策など計6問の回答を3月13日にネット上で公開した。

   その一人である広こしゆみこ氏が3月13日に「アンケートせず無回答って新人も選挙もバカにしすぎて驚きです」とツイッターに投稿。添えられた画像には、広こし氏のアンケートページの回答欄が「無回答」と記載されている。

   J-CASTニュース編集部でページを確認すると、14日10時時点で「戸塚区」の欄は削除され、11時30分には再表示されるも戸塚区の各候補者の回答欄は非表示になっていた。

   ツイッター上では「事実を曲げて報道することは許されないと思う」「印象操作だし有権者をバカにしています」と批判が渦巻いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中