2019年 3月 26日 (火)

ディズニーと手組んだドコモの戦略 5G時代前に携帯各社の「動画戦争」が始まる

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   携帯各社が、動画サービスを強化している。NTTドコモとウォルト・ディズニー・ジャパンは2019年3月26日に、ディズニーが持つ4つのブランドの映像コンテンツが見放題となるサービス「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」を始める。

   KDDIやソフトバンクも動画コンテンツ強化や動画向けの料金プランの導入に動いている。通信速度が現行の100倍になる次世代通信規格「5G」の商用化をにらみ、まずは視聴環境を整えることで、顧客をつなぎ留める戦略だ。

  • NTTドコモ代々木ビル。動画戦略の思惑は
    NTTドコモ代々木ビル。動画戦略の思惑は

ドコモ以外のユーザーも取り込み図る

   ディズニーデラックスの利用料は月額700円(消費税抜き)。ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルという4ブランドの映像コンテンツが見放題となるほか、映画以外のコンテンツや限定グッズの購入もできる。4ブランドを同時に楽しめる定額制サービスは、国内初登場となる。

   サービスの核となるのは、動画配信アプリ「Disney THEATER(ディズニーシアター)」。「アナと雪の女王」「リメンバー・ミー」をはじめ、新作「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(2019年4月配信)、日本初登場となるテレビ作品などが視聴できる。動画作品以外のコンテンツを楽しめるアプリもある。

   スマートフォンだけでなく、パソコンや一部テレビにも対応。ドコモ以外のユーザーも利用可能で、ディズニーファンとの接点を増やす考えだ。アプリの開発、コンテンツの制作などサービスの提供はディズニーが、「dアカウント」による認証や決済プラットフォームの提供、販売促進はドコモがそれぞれ担った。

KDDIはNetflixと、ソフバンは...

   ドコモの吉沢和弘社長は3月7日の発表の記者会見で「5Gで動画はメインコンテンツになる」とディズニーとの協業の狙いを説明した。ドコモは既に約12万タイトルの動画を配信する「dTV」を展開しているほか、Jリーグや欧州サッカーなどの試合を中継する「DAZN」とも提携するなど、動画サービスを強化してきた。今回、世界中の老若男女にファンがいるディズニーと組むことで、サービスの厚みが格段に増すことになった。

   ライバル陣営も手を打っている。KDDIは、米動画配信大手Netflixと提携し、動画視聴と通信料がセットになった割安プランを提供している。ソフトバンクはYouTubeやAbemaTV、Hulu、LINEなどの動画、SNSのデータ通信が使い放題となる料金プラン「ウルトラギガモンスタープラス」を導入し、データ容量を気にすることなくストレスフリーで楽しめるとアピールする。

   2020年の商用化が見込まれる5G時代になれば、2時間映画が3秒でダウンロード可能になるとされる。動画の視聴環境は格段に向上するため、携帯各社は今のうちに人気のあるコンテンツをかき集め、関連サービスを充実させて、他社との差別化を図りたいと考えているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中