2019年 10月 23日 (水)

籠池被告から「新事実」は引き出せたのか 野党ヒアリング1時間半の「取れ高」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   森友学園への国有地売買をめぐる問題で、学園前理事長の籠池泰典被告夫妻が2019年3月18日、野党が開いた合同ヒアリングに出席した。籠池被告が国会を訪れるのは17年3月の証人喚問以来2年ぶりで、17年7年の逮捕以降初めて。

   通常、野党ヒアリングでは国会議員の真向かいの席に財務省などの官庁担当者が座るが、野党側によると、官庁側は籠池被告の出席を理由に同席を拒否。官庁担当者の席に夫妻がポツンと座るという珍しい状態で、通常のヒアリングに時間を大幅に上回る、約1時間半にわたって持論を展開した。

  • 籠池泰典被告は約1時間半にわたって持論を展開した。すぐ後ろの席には諄子被告が座った
    籠池泰典被告は約1時間半にわたって持論を展開した。すぐ後ろの席には諄子被告が座った
  • 籠池被告夫妻は、普段は官公庁担当者が座る席でヒアリングに臨んだ
    籠池被告夫妻は、普段は官公庁担当者が座る席でヒアリングに臨んだ

諄子被告「安倍さんと麻生さんは、やはり国民をだましている」

   籠池被告は、ヒアリングに先立って行われた参院予算委員会を傍聴。共産党の辰巳孝太郎議員が安倍晋三首相に対して被告への評価を尋ねたが、「論評は控えたい」とするにとどめた。籠池被告は

「安倍総理の方は、魔法瓶持ってらっしゃいますから、(飲み物を飲むときに)ちょっとこっちを向いていらっしゃる。飲まれる時に私の方をチラチラご覧になっていたのが分かった。まあ気にされてるんだろうなぁ、とは思うんですけれども...」

と「推測」した上で、答弁に臨む姿勢については

「議員の方々の質問はなかなか鋭いものがあって、そこはきちっと答えないかんのじゃないか」

などと遠回しに批判した。ヒアリングで籠池被告のすぐ後ろの席に座っていた諄子被告は、安倍氏や麻生太郎財務相が足を組むなどして質問を聞いていたことに

「態度からして、安倍さんと麻生さんは、やはり国民をだましている。国民をなめていると思った」

などと憤り、麻生事務所に抗議電話をしたことがあることも明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中