2019年 4月 21日 (日)

志らくも「おかしいですよ」 球数制限「待った」の高野連は「ちょっと古い」?

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   高校野球のピッチャーの故障を防ぐため、県大会で球数制限の導入を表明していた新潟県高校野球連盟が、日本高野連からの再考要請をうけ、実施見送りを発表した。

   制限導入の必要性をめぐっては、これまでにプロ野球現役選手も巻き込んで議論となっていた。今回の措置を受け、テレビのコメンテーターらが日本高野連の方針に疑問を示す一方、ネット上では賛否の声が挙がっていた。

  • 高校野球における球数制限の議論の行方は・・・
    高校野球における球数制限の議論の行方は・・・

「実験的にどこかがやってみて...」

   新潟県高野連は2019年3月18日、春の県大会(4月後半開幕)で導入するとしていた、1試合あたり1人の投球数について「100球を超えたイニングまで」とする制限の実施を見送ると発表した。18年12月に制限導入を表明したが、日本高野連が19年2月の理事会で、「勝敗に影響を及ぼす規則は、全国で足並みをそろえて検討すべきだ」として再考を求めていた。

   4月からは日本高野連が「投手の障害予防に関する有識者会議」を発足させることになっており、新潟県高野連は会議に参画したうえで、導入の必要性を訴えていくとしている。

   今回の発表の翌日(3月19日)、情報番組の「ひるおび!」(TBS系)はこの問題を取り上げた。コメンテーターの落語家、立川志らくさんは「逆でしょ」と指摘し、本来なら日本高野連の方が導入への音頭を取るべきだとの考えを示した。球数制限は人数が少ないチームに不利になるとの議論がある点にも触れつつ、だからといって投手が肩を傷めていい、ということにはならない、と断じて、日本高野連の姿勢について、

「おかしいですよ」

と批判した。弁護士の八代英輝さんも

「STOPかけることない。実験的にどこかがやってみて、見直すべき点も見つかるかもしれない」

として、

「全国一律じゃないと困る、というのはちょっと古いと思います」

と感想を述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中