2019年 12月 10日 (火)

イチローの快挙から10年 「WBC決勝のタイムリーは一生忘れない」と惜しむ声

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   米大リーグ・マリナーズのイチロー選手(45)が引退を表明した。2019年3月21日深夜、東京ドームでの試合を終え、会見で明らかにした。日本のプロ野球、大リーグの両方で数々の偉業を成し遂げた国民的スターの引退に、ツイッターでは惜しむ声が相次いでいる。

   イチロー選手といえば、日本代表として国際大会での活躍も印象的な選手だ。中でも、2009年のWBCでの活躍を思い出す人は少なくない。

  • イチローが引退を発表した
    イチローが引退を発表した

WBC2連覇に貢献

   2006年、王貞治監督率いる第1回WBC日本代表メンバーに選出されたイチロー選手は、全ての試合で安打を記録し、日本の優勝に貢献した。外野手部門のベストナインにも選ばれた。

   だが、2009年の第2回大会では不調が続き、ファンからも心配の声が寄せられていた。それでも当時の指揮官、現読売ジャイアンツ監督の原辰徳監督はイチロー選手を全試合1番で使い続けた。

   決勝の相手は韓国。シーソーゲームで延長戦に突入した。3-3で迎えた10回表、2アウト2・3塁の場面で、不審に苦しんでいたイチロー選手がセンター前にヒットを放った。ランナー2人がかえって5-3と勝ち越し、その裏を現カブスのダルビッシュ有投手がおさえて、日本は2連覇を成し遂げた。日本中が興奮に包まれた。ビデオリサーチによると、この試合の視聴率は36.4%(関東地区・番組平均)を記録した。

   イチロー選手の引退報道を受け、ツイッターではこのシーンを思い出す人が続出している。

「俺が一番鮮明に記憶にあるのはやっぱwbc決勝かな あのタイムリーは泣けた最高に感動した試合やった」
「2009年のWBCはディズニーランドで見てたけど、イチローがタイムリー打った瞬間は今でも覚えてる」
「イチローのWBC決勝のタイムリーは一生忘れないわ」
「未だにイチローが選手としていなくなるのは信じられないし、あのWBCのヒットが本当に忘れられない」

3月21日は奇しくも...

   3月21日のアスレチックスの開幕第2戦に9番ライトでスタメン出場したイチロー選手。4打数ノーヒットで8回裏の守備で交代した。ベンチの前でチームメイト1人1人とハグを交わした。対戦相手のアスレチックスのベンチも総立ちで拍手を送っていた。

   奇しくも第1回WBC決勝(2006年、日本時間)は、引退会見が行われた3月21日だった。報道陣からその偶然について聞かれると、イチロー選手は、

「聞かされれば、そう思うことも出来る程度ですね。僕はその事は知らなかったですけど」

とのみ答えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中