2019年 5月 23日 (木)

「くらバーガー」への期待は、あなたの想像より重い?

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   回転寿司チェーン国内2位の「くら寿司」を運営する、くらコーポレーションの株価が業績悪化を受けて下落し、3月11日に2カ月半ぶりの安値をつけた後も大きく反転できずにいる。

   徹底した合理化で「1皿100円」を維持して顧客を呼び寄せてきたが、人件費・原材料費の高騰など外食業界に共通する問題に引き続き直面しており、足元では好材料を見出しにくいのが実情だ。

  • 1日から投入した新商品「くらバーガー」。反転攻勢の起点となるか(プレスリリースより)
    1日から投入した新商品「くらバーガー」。反転攻勢の起点となるか(プレスリリースより)

人件費の増加、海外出店も影響

   くらコーポの株価は3月4日から6営業日も下落が続いた。4日の前営業日である1日の終値は6010円。6営業日後の11日の終値は5010円で、6日間の下落幅はちょうど1000円、下落率は16.6%に達した。その後も株価は足踏みが続き、5200円前後のラインをうろうろしているのが現状だ。

   株価下落を促したのが、5日に発表した2018年11月~19年1月期(第1四半期)連結決算の内容だった。積極出店(国内5、海外3)を背景に売上高は前年同期比2.0%増の335億円だったが、営業利益は30.7%減の12億円、純利益は29.0%減の9億円と大幅減益だった。人件費の増加に加え、海外新規出店(台湾2、米国1)に伴う先行投資がかさんだことも影響した。

   決算と同じ5日に発表した2月の既存店売上高も投資家心理を不安にさせた。第1四半期にあたる11月、12月、1月はそれぞれ前年同月比1.7%減、0.2%減、6.1%減と3カ月とも前年割れで、それに続く2月は6.2%減と今決算期で最も落ち込み幅が大きかったのだ。また、既存店客数も11月、12月は1.6%減、0.9%減にとどまっていたが、1月の7.0%減に続き2月は6.1%減と大幅な減少となった。

   決算と2月売上高を受けて6日の株価は一時前日終値比10.0%(580円)安の5240円まで下げ、終値も前日比9.3%(540円)安の5280円だった。当日高値が前日安値を330円も下回り、大きく「窓を開ける」きつい下げを記録した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中