2020年 10月 22日 (木)

「銭湯絵師」見習い女性に盗作疑惑 イラストレーター激怒で謝罪

ホットでもアイスでも美味しい。季節にあわせて楽しめる、大正製薬の乳酸菌が入ったごぼう茶。

ツイッターに謝罪文を掲載

   ところが、ツイッター上では、勝海麻衣さんがプリントしたような紙を持って絵を描いている画像が、イベント参加者とみられる人から投稿された。紙の部分を拡大すると、「HUN」のタイトルの絵に描かれた上の部分とほぼ一致しているようだった。

   このことを受けて、猫将軍さんは、自分の絵をそのまま写して描いている疑惑があるとして、勝海さんに再びコンタクトを取った。勝海さんからは、謝罪のメールがあったとしたが、試行錯誤した結果、似てしまったとの説明だったという。これに対し、猫将軍さんは、「納得できるわけないでしょう」と怒りを露わにしている。

   勝海さんは、3月29日になって、ツイッターにお詫び文の画像をアップした。そこでは、「先日、私が参加させて頂いた渋谷でのイベントにて描いた絵が他の作品に酷似しているというご指摘を頂戴いたしました。まずはお騒がせをし、ご迷惑をおかけしたこと心よりお詫び申し上げます」と謝罪したうえで、今後について、「頂いたご指摘を真摯に受け止めまして、今後はそういったご指摘を再度頂戴することの無いように、自分自身を常に律しながら精進していきたいと考えております」としている。イベントについてのツイートも、同時に削除したことを明らかにした。

   しかし、猫将軍さんの絵を写したかどうかについての言及はなかった。

   今回のイベントは、大正製薬の炭酸飲料「RAIZIN(ライジン)」をPRするためのもので、同製品の公式ツイッターも29日、お詫び文の画像を投稿した。「ご指摘を受け、初めて弊社もその状況を理解した」とし、真摯に受け止めて、今後はそのような事態を招くことがないようにしたいとしている。勝海さんの絵についてのリツイートも削除したことを明らかにした。

   勝海さんに対し、ネット上では、「画力がある方だと思うので、今回の件は素直に謝って、これを機に再出発すればいい」と好意的な声もあったが、厳しい声の方が多い。「偶然似たは無理があるな」「自分風にアレンジすればバレないし怒られないと思ったんだろうか」「お騒がせした事より先に謝る事があるんじゃないか」などと疑問がくすぶっている。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中