2019年 10月 23日 (水)

海外スター大活躍なのに... 張本勲氏、「外国人頑張っても興味ない」発言で大ヒンシュク

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   サッカーJ1・ヴィッセル神戸の世界的スター選手がそろって躍動したのに対し、野球解説者の張本勲氏(78)が「外国人が頑張っても興味ない」と吐き捨て、インターネット上で「あんまりだ」などと顰蹙を買っている。

   張本氏は2019年3月31日放送の「サンデーモーニング」に出演。神戸は30日の第5節・ガンバ大阪戦で、新加入の元スペイン代表FWダビド・ビジャ(37)のゴールが飛び出すなどして勝利したが、張本氏は「興味ない」と繰り返した。

  • 張本勲氏
    張本勲氏
  • 複数の得点シーンに絡んだアンドレス・イニエスタ(写真は2018年5月、ヴィッセル神戸の三木谷浩史オーナーと臨んだ入団発表会見)
    複数の得点シーンに絡んだアンドレス・イニエスタ(写真は2018年5月、ヴィッセル神戸の三木谷浩史オーナーと臨んだ入団発表会見)

「まあ個人プレーはどうでもいいですから」

   神戸はビジャ、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(33)のワールドカップ優勝経験者3人に加え、バルセロナから新加入のMFセルジ・サンペール(24)も先発に名を連ねる豪華布陣で臨んだ。

   前半に2点先制されるも、イニエスタのFKからポドルスキのボレーシュートで1点を返すと、後半はイニエスタのスルーパスを受けたポドルスキがクロスを上げ、ビジャのヘッドで同点弾。その後勝ち越し点を許すも、途中出場のFW田中順也(31)が2点を加えた神戸が4-3で勝利した。

   海外スター選手が躍動し乱打戦となったこの試合は注目を集めたが、張本氏は冷めた様子だった。番組で試合のVTRが流れると、

「まあ個人プレーはどうでもいいですから、チームの勝ち負けをやってくださいよ。外国人が頑張っても、私あまり興味ないから」

と吐き捨てた。

   司会の関口宏さんが「でも神戸はすごいですよ、この3人(イニエスタ、ポドルスキ、ビジャ)が」と話題を振ったが、張本氏は

「それだけ給料もらってるからね。あまり興味ないから。どっちが勝ちました? 早く見せてくださいよ。順位ですよ」

と気に留めなかった。

「わかりきってる上で見てるんじゃないのか?」

   外国人というだけで「興味ない」との言葉を繰り返した張本氏を快く思わない視聴者は少なくなかったようだ。ツイッターでは、

「個人プレーはどうでもいいとか 外人プレーは給料高いから当たり前とか 不愉快な発言多過ぎ」
「サッカーも野球もスポーツはいろんな人種が真剣にやってるんですよ それを『外国人がやってるのは興味がない早くどこが勝ったか順位表見せてください』あんまりだよ」 「外人のプレーはどうでもいいとはもはや暴言」
「そろそろ張本勲の外国人差別発言を出演者がその場で良くないよって言うべきなんじゃないかね」

と批判が殺到している。

   ただ、張本氏の野球以外のスポーツに対する冷めたコメントは今に始まったことではなく、本来の「守備範囲」であるはずの野球においても米大リーグへの論評は手厳しい。ツイッターでは今回の発言について、

「サッカーそのものが興味が無いだけだろ」
「張本が野球>サッカーなのはわかりきってる上で見てるんじゃないのか?文句言うために見てるの?」
「サッカーニュースに対するコメント雑すぎでしょ 興味ないって言っちゃってるし。笑」

と受け流す反応もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中