2019年 5月 22日 (水)

「ケツ出せプリプリ」「おけつぷり」 J1大分の公式応援歌「トリニータイソウ」、不評の声も「継続」決めた理由

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   「サポーターは不快にしかなりませんよ」「適当に作られた曲としか思えませんでした」。サッカーJ1・大分トリニータの新たな公式応援ソング「トリニータイソウ」に、サポーターのひんしゅくを買う騒ぎとなっている。

   批判を受け、クラブ代表が声明を発表する事態に発展。「意見は真摯に受け止め」るとした上で、同曲が浸透するよう努める意思を示した。手掛けた総合プロデューサーも声明を出し、「厳しいご指摘があることは承知の上で、世に送り出した作品」と批判を受け止める構えだ。波紋を広げる「トリニータイソウ」とは一体どんな曲なのか。

  • YouTubeでも公開された「トリニータイソウ」のPV
    YouTubeでも公開された「トリニータイソウ」のPV

「ケツのチームと思われたら困るのですが」

   「トリニータイソウ」は2019年3月30日、ホーム・昭和電工ドーム大分で開催のJ1第5節・サンフレッチェ広島戦のイベントで初お披露目された、子ども向けの応援ソング。場内で放映したプロモーション動画は同日YouTubeでも公開され、子どもから大人までのサポーターや大分の選手らが和気藹々と振り付けを披露する内容になっている。

   疑問視されたのは「歌詞」だった。歌い出しから「ケツ出せプリプリ」「うんちかますぜブリブリ」といった言葉が連続するためだ。その後応援の言葉が続くが、最後は唐突に「おけつぷり」で締められる。

   クラブ公式応援ソングでこうしたフレーズが並んだことに、サポーターと見られるネットユーザーが憤慨。ツイッターでは、

「トリニータイソウが下品で気持ち悪い」
「二度とドームで流さないでほしいです他サポ初めて見る人のトリニータに対するイメージダウンになるだけですよ?」
「ケツのチームと思われたら困るのですが」
「あの歌で侮辱された気分で一杯です 失礼を承知ですが私が聞いた上で、ただあのワードを入れてあとは動物でも入れておけばウケるだろうと適当に作られた曲としか思えませんでした」

といった批判の声が相次ぐことになった。ただ、

「子ども向けという事を考えたらまあそんなもんなのかなという所。まだサッカーをよくわかってない子どもの導入口としては悪くないんじゃないかな?」

と理解を示す声もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中