2019年 5月 26日 (日)

那須川、メイウェザー、パッキャオ... 「RIZIN」話題独占の一方、ボクシング界は「葛藤」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   総合格闘技イベント「RIZIN」は2019年4月9日、ボクシングの世界6階級制覇のマニー・パッキャオ(40)が4月21日に横浜アリーナで開催される「RIZIN.15」に来場することを発表した。「RIZIN」のCEOを務める榊原信行氏(55)によると、今回はパッキャオの「参戦」はなく、パッキャオが推薦するフィリピン人格闘家、フリッツ・ビアグダン(23)がキックボクシングルールで那須川天心(20)=TARGET=と対戦する。

   榊原氏は前日8日、自身のツイッターを更新し、フィリピンでパッキャオと接触したことを明かした上で、「メイウェザーに続き、RIZIN15ではこの男と新たな仕掛けを行います。帰国したらすぐに発表しますので、楽しみにしていてください」と投稿した。これを受けた世界各国のメディアが、「パッキャオが『RIZIN』と何らかの契約を結んだ」と大きく報じ、その内容に注目が集まっていた。結果は「肩透かし」を食らった感があるものの、昨年末のフロイド・メイウェザー(42)=米国=に続いて、またも「RIZIN」が話題をさらった。

   昨年末に行われたメイウェザーVS那須川天心戦は、両者の体重差やルールについて賛否があったが、結果的には世界中の注目を集めた。実質、引退状態にあったボクシング無敗のメイウェザーを引っ張り出してリングに上げた時点で興行的には大成功とみていいだろう。これは榊原氏の手腕によるところが大きく、格闘技のイベントプロデューサーとして榊原氏の右に出るものはいないとさえいわれている。

  • 榊原氏のツイッター
    榊原氏のツイッター

ボクシングで盛り上がるも、当のボクシング界は蚊帳の外に...

   メイウェザー戦で那須川は1回KOで惨敗したにもかかわらず、その名は一躍全国区に。この機運に乗じたのがAbemaTV。開局3周年特別企画として「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」を予定しており、3月10日から挑戦者を応募したところ、応募者は1日で1000人を突破したという。応募者の内訳は公表されていないが、格闘技経験者やボクシング経験者らの応募があった模様だ。

   今回もまた、パッキャオを引っ張り出して話題を独り占めにした「RIZIN」。最近の格闘技界は、ボクシング関連の話題で盛り上がっているが、当のボクシング界は蚊帳の外といったところ。世界のボクシング界のレジェンド、メイウェザーが来日しても日本ボクシング界とは一切接触はなく、盛り上がりを見せる「RIZIN」をボクシング界はただ黙ってみているだけである。

   キック界では「神童」と呼ばれ、格闘技ファンから絶大な支持を集める那須川だが、一般的に名が知られるようになったきっかけは、やはり昨年末のメイウェザーとの一戦だろう。キックでの実力、実績もさることながら、「RIZIN」の高いプロデュース力が那須川をスターダムに押し上げたといっても過言ではないだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中