2019年 12月 10日 (火)

「アンチ」への丁寧な反論が、「ファン」を増やす ビッグイシューの「手本にしたい」対応

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ホームレスの自立を支援する雑誌「ビッグイシュー日本版」のオンライン版で公開した記事が、SNS上で共感を呼んでいる。

   同誌をめぐる誤解や偏見に「反論」する内容で、理解が得られない場合は「断交」するとも宣言している。公開の背景にはSNS上での執拗(しつよう)な嫌がらせがある。

  • ビッグイシューオンライン版より
    ビッグイシューオンライン版より

ビッグイシューは「ホームレスから搾取している」?

   「ビッグイシューを敵視する人々の主張/誤解と思い込みによる攻撃例とその反論」と題された記事は、2019年4月8日に公開された。

   1万字以上にわたる記事では、販売者やビッグイシューがよく受ける12の誤解、偏見に対し、「NO」を突きつけている。

   例えば、「ホームレスから搾取している」との批判には、「搾取とは『他人に帰属すべき利得を不正に取得する』ということかと思いますが、ビッグイシューの1冊の値段は350円。そのうち半分以上である180円が販売者の取り分です(中略)一般的には書店の取り分は2割程度と言われており、5割以上の取り分は、通常の出版社と比べると販売者に相当配慮したものとなります」と強調。

   また、「ビッグイシューの役員は私腹を肥やしている」との指摘には、「会社は現在赤字につき役員報酬どころではありません。また私腹を肥やしている人間もおりません。また、私たちは社会的企業です。黒字になった場合も、販売者サポートや誌面の充実等で販売者・お客様に還元します」ときっぱり否定している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中