2019年 12月 8日 (日)

留年か、浪人か... 「学業両立」に難儀するアイドルたち

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   声優アイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」の諸橋沙夏さん(22)が大学の留年を理由に舞台の降板を発表したことが波紋を広げる中、AKB48では少なくとも若手メンバー2人が志望大学に合格できなかったことを明かしている。

   そのうちひとりは、AKB48の活動と浪人生活を両立させたい考えで、「今年は去年と同じ結果になるわけにはいかないので、本当に死ぬ気で頑張る」と決意を固めている。

  • 受験勉強とアイドルの両立を目指す人もいる(写真はイメージ)
    受験勉強とアイドルの両立を目指す人もいる(写真はイメージ)

オンライン家庭教師会社の企画でMARCH目指したが...

   受験結果を明らかにしたのは、前田彩佳さん(18)と黒須遥香さん(18)。2人とも16年に加入したAKB48の16期生で、同い年だ。

   小学生の頃3年間にわたって中国・上海で暮らし、「勉強好き」だという前田さんは、動画配信のSHOWROOMとオンラインの家庭教師会社による「SHOWROOM受験生応援プロジェクト」に参加し、18年12月5日にMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学)を目指すことを表明。指導を受ける様子を配信するなどした。だが、目標には一歩及ばず、19年3月15日の動画配信でMARCHには合格できなかったことを明らかにしていた。その後のツイッターでは、

「他の大学は受かったんですけど自分的に納得できなかったので、今年は進学するのをやめました」

と書き込んだ。動画配信の中では

「一応高校も卒業して時間的にも余裕ができるので、自分磨きの一環として勉強は続けていこうと思います」

と話しており、浪人生活を送って再チャレンジするだけの決意が固まっているかは明らかではない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中