2019年 5月 24日 (金)

留年か、浪人か... 「学業両立」に難儀するアイドルたち

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

「抑えの大学」の入学手続きを済ませていたが...

   一方で、19年4月14日の動画配信で「今年は大学に行かないで、もう1年受験生として頑張ることにしました」と明言したのが黒須さんだ。黒須さんは本命の志望校には合格できなかったが、「抑えの大学」には合格し、入学手続きも済ませていた。だが、スタッフと相談するうちに心が揺れたという。

   黒須さんは18年12月頃から1~2か月間にわたってコンサートや劇場公演に出演せずに勉強に集中してきたが、その後の劇場公演では、ファンに対して大学生になることを明言していた。そのため、握手会では「入学式おめでとう、大学生楽しんでね」というファンの声も多かった。そういった中で「仮面浪人」をすることについては、

「これが1年続くと思うと『これは無理だな』と思ったのと、(次の入試の結果が出る)1年後言うよりも今言った方がいい」

などとして、現実的には難しいと考えていたようだ。

   今後の1年については、

「言ったからには、今年は去年と同じ結果になるわけにはいかないので、本当に死ぬ気で頑張る」

と覚悟を決めるが、「活動休止とかは絶対したくない」とも話した。高校を卒業した分だけ拘束時間は減るものの、受験生とアイドルの両立に苦労することになりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中