2019年 7月 20日 (土)

増える「ポイント運用」サービス 主要各社そろって参入...どう使いこなせばいいの?

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

証券口座を作らなくていい「疑似投資」型も

   4月9日に始まった「Pontaポイント運用」は、さっきの2パターンで言うと後者だ。このタイプのメリットは、わざわざ証券会社の口座を作らなくていい所にある。口座開設には、本人確認書類に加えて、マイナンバー確認書類の提出が必要なため、そこをネックに感じていた人は多いだろう。実際に現物株を取引するのではなく、ポイントが株価に連動して、日々増減する。Pontaの場合は最低20ポイントから、個別株に「疑似投資」でき、必要となればポイントとして引き出せる。

   「dポイント投資」も後者。100ポイント単位で運用でき、アクティブとバランスの2コースから好みの投資スタイルを選ぶと、投資信託に連動して、日々ポイントが変動する。18年5月に始まり、約3週間後には利用者が10万人を突破。19年1月時点で、約35万人が利用していると発表されている。

   これらのサービスの草分けは、16年12月に始まったクレディセゾンの「永久不滅ポイント運用サービス」だ。現在は、投資信託に連動する4コースと、個別株に連動するコースの計5つがラインアップされている。18年度第2四半期決算説明会(11月)の資料によると、約33万人が利用しているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中