2019年 7月 18日 (木)

増える「ポイント運用」サービス 主要各社そろって参入...どう使いこなせばいいの?

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

もちろん、リスクや手数料は考えて...

   これまでポイントサービスといえば、店頭で「使う」、もしくは他社ポイントに「交換する」のがメイン。ポイント運用の登場で、そこに「殖やす」が加わった。現物株や投資信託を直接買うサービスでは、その先に現金化への道も生まれる。

   もちろん、少額でも「投資」であるため、利用にあたっては元本割れのリスクや手数料を加味して、きちんと検討する必要がある。しかし、万単位の現金を用意するよりハードルは低いため、資産を形成する上で、ポイント運用を入口にするのも選択肢の一つになるだろう。

(J-CASTニュース編集部 城戸譲)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中