2019年 8月 21日 (水)

韓国人YouTuber、店員に注意され「嫌韓される!」 約300万再生、お好み焼き店は「動画配信禁止」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   大阪市内のお好み焼き店で動画撮影を店員に注意されて逆ギレし、店長を呼んで店員を謝罪させる――チャンネル登録者数4.2万の韓国人ユーチューバーがこんな動画を投稿して、物議を醸している。

   「これ自分、食べているの撮っているんだけど、お客さん来る前にこっちに置いといて、お客さん来たらどかしていいですか?」。30代の韓国人という男は、注文を聞きに来た女性店員に日本語でこう話し、了解を取ったとして動画撮影を続けた。

  • 韓国人ユーチューバーの動画投稿が波紋(写真はイメージ)
    韓国人ユーチューバーの動画投稿が波紋(写真はイメージ)

「他のお客様からクレーム来てる」と制止したが...

   男は、お好み焼きを食べながら、カメラに向かってしばらく韓国語で話していたが、突然、別の男性店員が注意する声が響いた。

「すみません、他のお客様からクレーム来てるんで、止めていただいてよろしいですか?」

   これに対し、男は、「はい」などと答えて頭を下げたが、撮影を止めずにカメラに話し続ける。その後、注意した男性店員を呼ぶように女性店員に求め、男性店員が現れると、「今のあの言い方って大丈夫なの?」とクレームを付け始めた。

   男によると、ドアからバンと出てきていきなり注意する態度がおかしいと言い、撮影のOKは最初に取ったのだから、止めろではなく静かにしてといった言い方になるはずだと主張した。そして、お金を出している客にあんな言い方はないとして、一時は「俺はタダで食べるよ」とまで言い放った。

   男性店員は、「言い方は間違っていないです」などと反論したが、男は、納得せず、店員に謝罪を求める。店員は、それに応じずにその場を離れ、その後、男性店長が「どうされました?お客様」と言って現れた。店長の頭の位置が低いことから、すでにしゃがみ込んでいるとみられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中