2019年 10月 22日 (火)

ローソン「悪魔のおにぎり」が中国上陸 現地SNSでは早速「おいしかった」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   発売から1か月半で1000万個を売り上げたローソンの大ヒット商品、「悪魔のおにぎり」が「海外進出」だ。2019年4月15日、中国・上海周辺の店舗で売り出された。

   「悪魔のおにぎり」の起源は南極越冬隊のまかない飯だ。だしで炊いた米に天かすや青のりを混ぜただけのシンプルなおにぎりが「悪魔的に病みつきになって食べ過ぎる」として、この名前がついた。日本ではSNSでの拡散で人気に火が付いた。上海での売り上げを踏まえて他都市での販売も検討するが、国外での勝算はどうか。

  • 日本と同様のパッケージで販売されている。中国名は「悪魔的飯団」だ(写真はローソンの上海現地法人の微博(ウェイボー、Weibo)から)
    日本と同様のパッケージで販売されている。中国名は「悪魔的飯団」だ(写真はローソンの上海現地法人の微博(ウェイボー、Weibo)から)

中国語では「悪魔的飯団」

   「悪魔のおにぎり」は18年10月16日に発売。2週間で300万個を売り上げ、これまで長年にわたって王座を守ってきた「手巻おにぎり シーチキンマヨネーズ」(ツナマヨ)を抜き去った。19年4月10日時点で、累計で2900万個が売れている。

   中国名は「悪魔的飯団」。東京のローソンの広報担当者によると、基本的なレシピとパッケージは日本と同じだ。ただ、現地の素材を使用している関係で、微調整が行われているという。

   ローソンの上海現地法人の微博(ウェイボー、Weibo)では、日本での売り上げをイラスト付きで紹介しながら、

「ローソンの『悪魔のおにぎり』が中国にもやってくる!」
「コンビニおにぎりの歴史を書き換えよう!」
「残業のお供にも最適」

などとPR。コメント欄には中国語で、

「早く食べたい」
「今日食べた。おいしかった」
「明日買いに行かなきゃ」

といった声が相次いだ。現時点では、上海、江蘇省、浙江省での販売だが、売れ行きをみて北京、大連、武漢などでも売り出す。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中