2019年 5月 26日 (日)

旅券返納命令取り消し求め国を提訴 フリージャーナリスト常岡さんが会見

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   内戦下のイエメンを取材予定だったフリージャーナリストの常岡浩介さん(49)が、外務省から旅券返納命令を受けて出国できなかった問題で、常岡さんは2019年4月24日、旅券返納命令の取り消しなどを求めて、国を相手にした訴訟を東京地裁に起こした。

   同日、東京都千代田区の外国特派員協会で、常岡さんや代理人らが記者会見を開き、明らかにした。

  • 旅券返納命令の取り消しを求めて訴えた常岡浩介さん(中)
    旅券返納命令の取り消しを求めて訴えた常岡浩介さん(中)

代理人「虚偽の事実に基づいて返納命令が出されている」

   訴状などによると、常岡さんは内戦下のイエメンで取材予定だった。18年12月19日にイエメンのビザ、26日にオマーンのe-visaをそれぞれ取得した。オマーン経由で入国を試み、19年1月14日現地へ到着したが入管で入国を拒否された。その後、スーダン経由で入国しようと30日に同国のビザを取得。2月2日に羽田空港でチェックインし、旅券を読み取り機にかざしてゲートを通過しようとしたが、「この旅券は登録されていません」という表示が出て、通過はできなかった。入管職員から「一般旅券が無効になっています」と告げられた。同日23時15分に一般旅券返納命令書が交付され、返納期限は23時20分と書かれていたという。2月8日に外務省から届いた通知には、返納命令の理由として、「オマーンにおいて入国を拒否され、同国に施行されている法規により入国禁止されている」と書かれていたという。

   代理人の清水勉弁護士は、「常岡さんはオマーンのe-visaを取得している。オマーンの入管でもオマーンの法規に違反しているので入国できないという説明を受けていない。虚偽の事実に基づいて返納命令が出されている」と主張。返納命令が出てから期限が5分しかなかったことにも触れ、「常岡さんのような立場の人には事前に聴聞・弁解の機会を与えないといけない。機会があれば、オマーンのe-visaが出ていることは簡単に証明ができ、返納命令が出されずに済んだ可能性が手続き的にはあった」としている。根本的な問題は、ゲートを通ろうとした際に旅券が登録されていないという表示が出たことで、「これは返納命令が出る前にデータ抹消されているということ。日本の法律では、返納命令が出た後でなければデータ抹消はできない」と指摘していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中