2019年 7月 20日 (土)

「はるっぴと咲良に、届きますようにー!」 卒コンであふれた、指原莉乃「ここにいてほしかった3人」への思い

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   2019年4月28日に横浜市内で行われた指原莉乃さん(26)の卒業コンサートでは、HKT48の全メンバー58人を含む75人が出演したが、それでも指原さんにとって「本当は、ここにいてほしかった3人」がいた。

   2年半にわたって日韓合同ユニットIZ*ONE(アイズワン)の活動に専念している宮脇咲良さん(21)、矢吹奈子さん(17)と、17年末から休養を続けている「はるっぴ」こと兒玉遥さん(22)だ。宮脇さん、矢吹さんはステージの画面上での「共演」となったが、兒玉さんはそれもかなわなかった。それでも指原さんは公演中、あらゆる場面で3人に思いを寄せた。

  • 卒業コンサートで手を振る指原莉乃さん(2019年4月28日撮影)
    卒業コンサートで手を振る指原莉乃さん(2019年4月28日撮影)
  • 2017年末から休養が続いているHKT48の兒玉遥さん(2016年撮影)
    2017年末から休養が続いているHKT48の兒玉遥さん(2016年撮影)

涙をこぼす2人を抱きしめて...

   最初に不在メンバーへの思いがあふれたのが、中盤の「2018年の橋」。

   兒玉さんが休養する直前の17年12月に発売されたHKTのファーストアルバム「092」(17年12月発売)に収録されている楽曲で、指原さん、1期生の宮脇さん、兒玉さん、2期生の朝長美桜(ともなが・みお)さん(20)、田島芽瑠(たしま・める)さん(19)が担当している。18年5月に福岡市内で行われたコンサートでは兒玉さん以外の4人で披露。背景の画面には兒玉さんが大きく映し出され、指原さんや宮脇さんは大粒の涙を流した。

   今回のコンサートでは、さらに少ない3人に。指原さんは涙をこぼす2人を次々に抱きしめ、

「はるっぴと咲良に、届きますようにー!」

と声をあげた。次の楽曲「夕陽を見ているか?」では、宮脇さんが画面に登場して

「さっしーの意志を引き継いでいきたいと思います。大好きです」

と決意を表明。乃木坂46の代表曲のひとつ「君の名は希望」では、途中から指原さんの声に矢吹さんの声が重ねられ、「共演」した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中