2019年 11月 14日 (木)

NGT卒業を控え... 山口真帆の「いいね砲」、メンバーも照準に

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   NGT48の山口真帆さん(23)らの卒業公演が2019年5月18日に迫るなか、山口さんのツイッターの発信の方向性が変化しつつある。これまで山口さんは、運営会社のAKSの対応を批判するツイッター利用者の書き込みに「いいね!」をつけて賛意を示してきた。

   ところがここにきて、山口さんらの卒業発表まで思いやりの言葉を発しなかったメンバーを批判したり、ファンとの私的交流を指す「つながり」について説明するように求めたりするファンからのツイートにも、山口さんは賛意を表明。一部メンバーへの不信感を示したとも言える。卒業公演は、現時点では卒業を表明した3人のみの出演が発表されており、残留メンバーとの溝が際立つ形だ。卒業公演で残留メンバーについての発言があるかも焦点になりそうだ。

  • AKB48グループのコンサートでパフォーマンスするNGT48のメンバー。山口真帆さんの卒業公演には出演しない(2019年4月27日撮影)
    AKB48グループのコンサートでパフォーマンスするNGT48のメンバー。山口真帆さんの卒業公演には出演しない(2019年4月27日撮影)

「つながり」メンバーに「自首」求める

   第三者委員会の調査では、メンバーのうち12人について、「つながり」が取り沙汰されたが、運営会社のAKSは「不問」にするとしていた。山口さんはこのことを念頭に、4月21日の卒業発表で、NGTを「何をしても不問なこのグループ」と表現。事実関係の解明に乗り出さないAKSを批判していた。そんな中で山口さんが「いいね!」をつけたのが、5月9日付の次のツイートだ。事実関係を明らかにしないままグループでの活動を続けようとするメンバーを批判する内容だ。

「『私はファンの方と私的に連絡を取ったりしていました。アイドルとしてファンの皆様の信頼を裏切る形になり、大変申し訳ございませんでした。どんな処分も受ける覚悟です。しかし私のわがままですが、アイドルとしての夢を諦められません。もう一度チャンスを下さい』言えないかな...」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中