2019年 6月 24日 (月)

「乳首を触られた」男性コスプレイヤー、女性からのセクハラ告発 「性別の問題ではない」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

悪評による「コスプレへの偏見」を危惧

   サーバル様さんによると、コスプレの世界でもほとんどのファンは良識を守って行動しているが、一部のコスプレイヤーが下着や局部を見せる行為に出たり、カメラマンが卑猥なポーズを強要するケースもあるという。

   さらに女性の男装、男性の女装も珍しくない世界でもあり、ともすれば不用意にセクハラとみなされる行為が起こりえる。

「気の弱いレイヤーさんはカメラマンからの強要を断りきれず、また付きまとわれても明確な意思表示が出来ない事もよく耳にします。コスプレイベントのみならずスタジオ等を借りての仲間内での撮影やロケに行くといった撮影会でも男女トラブルは後を絶ちません」

と警鐘を鳴らすサーバル様さん。このような事件が起きて悪評が広がれば、コスプレ界隈への偏見が生まれ、楽しんでいる人の肩身も狭くなると危惧する。

   女性に対しても男性に対しても、節度を忘れない自浄作用が求められる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中