2019年 5月 24日 (金)

いきなり!ステーキが「肉離れ」? 今後は「牡蠣」投入、メニュー拡充の意図は

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   ステーキ専門店「いきなり!ステーキ」が、「カレー」「ハンバーグ」「牡蠣(かき)」と、意外なメニューを次々に投入している。運営するペッパーフードサービスはJ-CASTニュースの取材に、顧客層の拡大が狙いと話す。

   既存店売上の前年割れが止まらない同店。「ステーキ一本足」からの脱却は功を奏すか。

  • プレスリリースより
    プレスリリースより

ステーキ業界の雄が一転...

   2013年12月に銀座に1号店をオープンし、19年3月時点で433店舗まで拡大した「いきなり!ステーキ」。立食形式、グラム単位の価格設定、食べた肉の量に応じてポイントが貯まる「肉マイレージカード」などユニークな施策を打ち出し、ステーキ店「ペッパーランチ」で知られるペッパーフードサービスの稼ぎ頭にまで成長した。

   しかし、足元の業績は厳しさを増す。18年4月から既存店売上の前年割れに歯止めがかからず、19年3月は前年同月比73.3%にまで落ち込んだ。

   競合他社の参入が相次ぎ、店舗数の急拡大によるカニバリゼーション(自社競合)も予想される。2018年は国内に202店舗出店し、19年も210店の出店を目指す。

   海外にも軸足を移したが、19年2月に、全11店あった米国店舗のうち7店の閉店を発表した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中