2019年 5月 22日 (水)

小学生が別の児童に向けエアガン...TikTok動画が物議 教委も把握「調査している」

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   小学生とみられる男児がエアガンらしきものを顔の近くに向けて撃たれる動画がネット上に投稿され、物議を醸している。

   すぐに投稿者が在籍する東京都内の公立小学校が特定され、教育委員会が「男児は否定するが、外形的にはイジメ」だとして調査している。

  • エアガンには弾が入っていたという(写真はイメージ)
    エアガンには弾が入っていたという(写真はイメージ)

顔近くで撃っており、警察が捜査を始める

   土の上にうずくまっている男児に、別の男児がエアガンらしいものを持って近付く。周囲からはやされ、男児の顔近くに向けて引き金を引いた。すると、大きな音がして、男児が悲鳴を上げ...。

   こんな15秒ほどの動画は、ツイッター上で2019年5月15日にイジメではないかと紹介されると、大きな騒ぎになった。

   元々は、スマートフォン向けの動画アプリ「TikTok」にアップされていたものだった。ネット上で炎上すると、投稿者の小学校など個人情報が次々に晒された。動画はその後削除されたが、転載したツイートは17日夕現在、100万回以上も再生されている。

   小学校を管轄する教育委員会は17日、J-CASTニュースの取材に対し、この日朝から警察が捜査を始め、学校も調査していることを明らかにした。

   教委の教育指導課によると、地面にうずくまっていたのは小学校4年の男子児童。エアガンを撃ったのは、知り合いだという他の小学校の6年生男子児童で、この児童がTikTokに動画を投稿していた。

   「被害者」の男児は5月15日の放課後、同じ学校の男子児童3人と公園で遊んでいたところ、エアガンを撃った「加害者」ともう1人の男子児童のグループと会った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中