2019年 10月 22日 (火)

キャストは「アイドル」「2.5次元」「声優」「宝塚」... 異色の朗読劇「百合と薔薇」で各方面のオタクに衝撃走る

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2019年5月16日、ネルケプランニング制作のリーディングステージ(朗読劇)「百合と薔薇」の上演が発表された。

   数多くのドラマ・舞台を手掛けてきた堤幸彦さんの演出、「体内活劇『はたらく細胞』」などの脚本を担当してきた川尻恵太さんの脚本で、同性同士の誰しもが共感し、応援したくなるピュアな恋を描くというコンセプトの舞台だが、多彩な経歴の出演者、同性愛を真正面から描く内容と、異例尽くしの舞台で反響が広がった。

  • 公演公式サイトより
    公演公式サイトより

人気声優に坂道系、経験豊富な舞台俳優も...

「百合と薔薇」は前半(6月5日~6月10日)に女性キャストのみの「百合」公演、後半(6月11日~6月16日)に男性キャストのみの「薔薇」公演を、品川プリンスホテル クラブeXにて上演する。百合と薔薇、いずれも同性愛を意味するワードで、同性同士の恋心を描く内容となっている。さらに、出演者は毎公演4人、固定キャストの野口かおるさん・なだぎ武さんの他は日替わりで、キャストが入れ替わる。

   計16公演ながら総勢38名による公演だが、アイドル・2.5次元・声優・宝塚など、個性的なジャンルで活躍する俳優を集めた顔ぶれだ。

「薔薇」公演にはテレビでも活躍する本郷奏多さん・三浦涼介さんに、2.5次元舞台からは舞台「幽☆遊☆白書」で主演を務める崎山つばささんや、舞台「刀剣乱舞」「あんさんぶるスターズ」などへの出演歴が豊富な前山剛久さん。人気声優の梶裕貴さん・西山宏太朗さんらが出演。

「百合」公演では、声優界からは三森すずこさん・豊崎愛生さん・寿美奈子さんらが名を連ね、また元宝塚男役の汐月しゅうさんをはじめ、2.5次元舞台で経験豊富な女優も参加する。

   さらに乃木坂46(伊藤純奈さん・伊藤理々杏さん)、欅坂46(菅井友香さん・守屋茜さん)、日向坂46(松田好花さん・佐々木美玲さん)と坂道系グループのいずれからもメンバーが出演、加えて男装アイドル「風男塾」メンバーの星波(せな)さんも出演するなど、多彩なバッググラウンドを持ったキャストに、それぞれのファンの間でどよめきが広がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中