2019年 8月 26日 (月)

医学部のスポーツ大会「髪染め禁止」に? 大会会長が通達→意見受け方向転換

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   西日本の医学部学生が参加するスポーツ大会「西日本医科学総合体育大会」(西医体)。その参加者の頭髪着色が認められない可能性が出たとして、インターネット上で話題になっている。

   2019年で第71回を迎える「西医体」には、西日本のすべての医学部が参加する。例年、大会会長は主幹大学の医学部長が務めていて、今年の主幹は関西医科大学だが、あくまで運営主体は医学生。しかし「西医体参加者の頭髪について」と題された文章がネット上で拡散され、「髪染めくらい認めてやれよ」「髪染め禁止になったの真っ当でしょ」といった声が相次いでいる。一体何が起きたのか。

  • 西医体公式ホームページのスクリーンショット(第71回西医体2019年度のもの)
    西医体公式ホームページのスクリーンショット(第71回西医体2019年度のもの)

大会長「西医体参加者の頭髪の着色を禁止にする」

   8月の開催に向けて、各運動部がしのぎを削るさなか、医学生で組織される評議委員に大会会長から届いたという「頭髪着色禁止」の通達が5月19日、ツイッター上に投稿され、拡散された。

   そこでは、4月13日に行われた「西日本医科学生体育連盟」(以下、連盟)の理事会で、西医体参加者の「髪色」が議題に挙がり、各大学から選出された理事が話し合った結果、「今年の西医体では医学生らしい風貌、身なりを徹底することに致しました。よって一切の髪の着色を認めないこと」と決まった。その理由は「マスコミなどに報道された際、一般人から見てあまりに派手な髪色では医学生に対してマイナスの印象を与えてしまうから」と書かれている。

   これに対して、ネット上では「奇抜な色した頭こそ西医体の風物詩みたいなとこあるのに」「別にええやんけ年に一回のお祭りで頭髪で遊んだって」といった声が挙がるほか、「禁止する側の気持ちもわかる気がします」といった声も出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中