2020年 9月 21日 (月)

夏菜、有名脚本家との「犬猿の仲」説を否定 「別に違うから!」「ほんとに勘違いしないで」

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   2019年5月23日の30歳の誕生日に「YouTuberデビュー」した女優の夏菜さんによる、第2弾の映像が話題だ。

   30日に公開された動画のタイトルは、「朝ドラに物申す!怒りのクレーム!? 夏菜が語る演技のお話?からの!朝ドラ出演前夜」。夏菜さんがNHKの朝ドラに主演したのは2012年9月~2013年3月に放送された「純と愛」だが、同動画で夏菜さんは、オーディションの際の裏話などを披露。多数のコメントが付くなど反響が寄せられている。

  • 夏菜さん(2019年撮影)
    夏菜さん(2019年撮影)
  • 夏菜さん(2019年撮影)

「ティッシュのある面接室って何!?」

   動画の中盤、夏菜さんは「純と愛」のオーディションの最終審査の際の様子を回想。「最後のオーディションは泣きながら帰ってますからね」「泣かなかった子いなかったらしい」と、厳しい選考が行われていたことを示唆した。その上で、最終審査の会場では、同作品で脚本を担当した遊川和彦さんらドラマ制作の首脳陣がいたことを明かした上で、

「ティッシュが目の前にあるんですね。ティッシュのある面接室って何!?っていう......。それぐらい厳しい人。『純』という役に対しての思い入れがすごく熱かったし、好きなの、遊川さんのことは」

と、最終審査および遊川さんについてのトークを展開。加え、

「これは、ちょっと、ほんとに勘違いしないでほしいんですけど。いろいろ書かれてるじゃない。『私と遊川さんって犬猿の仲だ』みたいなのとか。『遊川のせいで夏菜がダメになった』って別に違うから。それは!」

と、ネット上で流布する噂を否定した。

   夏菜さんと遊川さんをめぐっては、2017年6月に夏菜さんが「ダウンタウンなう」(フジテレビ)のコーナー「本音でハシゴ酒」で、「演じた役が、いまいちこう、国民に、国民の民様に、うーん......」「朝ドラの時に、すごい色々言われていたから」と、視聴者から批判をうけたことを暴露。また、同ドラマのクランクアップ会見で遊川さんが、夏菜さんに苦労を掛けたと労っていたことが報じられていたこともあったため、視聴者の間では、演技の方針をめぐって夏菜さんと遊川さんの間に対立があったのではないかとする声が上がっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中