2019年 6月 16日 (日)

「漫画村」名乗る海賊版サイトまた出現 不正広告大量に...安易なアクセスは危険

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   著作権者に無断でアップロードされた人気漫画などを載せた海賊版サイト、「漫画村」が問題視されたのは記憶に新しい。

   その漫画村が接続不能になっておよそ1年、同じ名前を名乗るサイトが2019年5月31日までに出現。「アイシールド21」や「BLEACH」、「化物語」など、人気漫画のデータが上がっている。しかし、サイトには多くの不正広告などが組み込まれていることもあり、識者は「アクセスしてはだめです」と注意を促す。

  • 「漫画村」を名乗るサイトより(画像加工)
    「漫画村」を名乗るサイトより(画像加工)

ツイッターアカウントも存在

   サイトでは、「ROMANCE」や「COMEDY」、「DRAMA」など複数のジャンルを選べるようになっており、39種類に及ぶ。ツイッターではその公式を名乗るアカウントが存在。「どのマンガを読みたいかをコンメンお願いします。アップロードします(編注:原文ママ)」と呼び掛けていたほか、「このウェブサイトを維持する為、経費が必要なので、広告にクリックしてお願い致します」と求めていた。

   このアカウントは登録は2019年5月。このツイッターアカウントから、同サイトに飛べる状態だ。

   このサイトを識者はどう見ているか。J-CASTニュース編集部では31日、ITジャーナリストの三上洋さんに話を聞いた。

   三上さんによると、「見た目のドメインとトップページのデータは、ドイツとアメリカにそれぞれ本社があるサーバー会社にある」としつつも「本当にここを使っているのか、実際のサーバーは別のところにあるのかは調査しきれてない」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中