2019年 7月 20日 (土)

日韓会談でレーダー照射「棚上げ」 それでも「信頼回復」道半ばな理由

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

相変わらず日本側に責任転嫁

   一方の韓国メディアも、必ずしも歓迎ムードではない。中央日報は

「両国間の信頼が完全に回復していなかったという解釈が支配的だ。日本がまだ哨戒機の事態に対して責任がないという主張を繰り返しているからである」

として、日本側に責任転嫁する形で、両国間の信頼回復は道半ばだという否定的な見方だ。一方、聯合ニュースでは

「それでも『出口』のない攻防戦を繰り広げ、防衛交流を全面中断してきた両国が、今回の会談を契機に、少なくとも対話と交流の正常化の端緒は設けた、という評価も出ている」

と、事態改善が多少なりとも進みつつあるという点で肯定的に評価している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中