2020年 9月 25日 (金)

「異国から来たサムライ」トンプソンに期待 ラグビーW杯、宮崎合宿メンバー発表

「やずや開発『にんにくしじみ』が凄い」え、初回1日約32円!

   日本ラグビーフットボール協会(JRFU)は2019年6月3日、都内で記者会見を開き、秋のワールドカップ(W杯)へ向けた宮崎合宿参加メンバー42人を発表した。このメンバーの中に、1度は「代表を引退する」と宣言した、トンプソン ルーク選手が選出された。

  • 会見で、トンプソン選手の招へいを決めたという、ジェイミー・ジョセフHC
    会見で、トンプソン選手の招へいを決めたという、ジェイミー・ジョセフHC
  • 会見で、トンプソン選手の招へいを決めたという、ジェイミー・ジョセフHC

196センチ、110キロ、大阪弁ベラベラの「おもろいヤツ」

   発表は、同日14時から行われた。日本代表のジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)、薫田真広氏(男子15人制強化委員長)が登壇した。

   その中で発表されたのが、愛称「TOMO」のトンプソン ルーク選手だった。身長196センチ、110キロ。年齢は38歳。ニュージーランドのクライストチャーチ生まれ。日本ラグビーのトップリーグ(TL)チームである近鉄ライナーズ、及び、スーパーラグビーのサンウルブズにも所属するなど、「異国から来たサムライ」として人気を集めている。

   2007年に日本代表としてW杯初出場、2010年に日本国籍を取得、2011年W杯に召集され、2015年W杯では日本代表大躍進の立役者となった。

   所属する近鉄の本拠地である大阪の練習グラウンドへも「♪チリン~チリン~」とベルを鳴らしながら、自転車で通勤。「マイド!」「ナンデヤネン!」と、大阪弁ペラペラで、ファンの間では「おもろいヤツやなぁ~」と親しまれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中