2019年 10月 14日 (月)

球宴ファン投票、「4位」に甘んじる巨人・丸 ここからの逆転劇はあるか

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   巨人・丸佳浩が球宴のファン投票で、セ・リーグ外野手部門の4位(2019年6月10日現在)という中間発表に驚く人が少なくないかもしれない。

  • 画像はイメージです
    画像はイメージです

「実力が反映されていない」?不満の声も

   広島で17、18年と2年連続セ・リーグMVPに輝く活躍で、昨オフに巨人へFA移籍。一挙手一投足が注目される環境で感じる重圧は他球団の比ではない。過去に、巨人にFA移籍して本来の力を発揮できずに消えていく選手は少なくなかった。その中で、丸は十分な結果を残している。打率.310、9本塁打、30打点(6月9日現在)の好成績をマーク。5月から上昇気流に乗った広島に首位は譲っているが、丸の働きぶりは首脳陣の期待に十分応えている。

   それだけに、セ・リーグ外野手部門の4位という中間発表は意外に感じる。1位の広島・鈴木誠也が24万9879票、2位の阪神・近本光司が21万319票、3位の筒香嘉智が17万1466票、丸が15万8010票。筒香と丸は1万票の差が開いている。

   5月27日の第一回中間発表では2位だったが、近本、筒香と次々に票数で抜かれた。この状況に巨人ファンを中心に衝撃は大きく、ネット上では「丸が4位とかウソだろ。これだけ安定した数字を残しているのに。ファンの投票は組織票もあるし、実力が反映されているわけではない」、「選手間投票だったら、丸は絶対3位以内に入る。球団によって有利不利もあるし。ファン投票は実力が反映されていない。坂本(勇人)もこの大活躍で20万票、(阪神の)木浪(聖也)は10万票。どう考えてもおかしい」など納得がいかないという意見が多かった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中