2019年 10月 22日 (火)

自民党「コラボ」、ViViだけでなくグノシーも 参加者には首相ビデオレター...「政治的な意図や背景ない」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   自民党が2019年6月10日、女性向けファッション誌『ViVi』(講談社)とニュースアプリ「グノシー」とのコラボレーション企画を始めた。

   特定の政党とのコラボ企画とあって、SNS上では両社の姿勢を疑問視する声も寄せられている。両社の見解は。

  • (上)ViVi公式ツイッター、(下)グノシー公式ツイッターより
    (上)ViVi公式ツイッター、(下)グノシー公式ツイッターより

安倍晋三首相のビデオレターが送られる

   両社とのタイアップは、自民党が5月1日から進める広報戦略「#自民党2019プロジェクト」の一環だ。

   同プロジェクトは、若年層の支持拡大を狙ったインターネット施策で、10代のアーティストやダンサーを起用したPR動画などを公開してきた。

   ViViとのタイアップでは、ツイッターとインスタグラムで、国や社会への要望を募集。「#自民党2019 」「#メッセージTシャツプレゼント」とのハッシュタグを添えて投稿すると、ViViのモデル9人のメッセージがプリントされたTシャツが抽選で当たる。肩口には自民党のシンボルマークも転写されている。告知分では「PR」表記があり、自民党のタイアップ広告であると明示されている。

   また、「グノシー」とも組み、6月10~16日の期間、「日本政治王決定戦」と題したクイズ番組を配信する。正答数が最も多かった参加者には、安倍晋三首相のビデオレターが送られる。

   期間中には、フェイスブックとツイッターで政治関連の疑問を募り、ハッシュタグ「#自民党2019」を添えるよう指示する。質問は後日、回答とともに「グノシー」の記事で配信予定という。グノシーは告知画像で「collaboration with 『#自民党2019』プロジェクト」とうたっている。

   2つの企画が告知されると、ツイッターでは「特定の政党とコラボすることに疑問を感じないのだろうか」「viviって自民党の機関紙だったんだね」「ニュース配信アプリが、こんなことしたら終わりでしょ。『うちが配信するニュースは自民党よりです』って言ってるに等しい」などと、批判的な声が相次いだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中