2019年 6月 16日 (日)

#KuTooは「ジェンダー」か「パワハラ」か 署名運動側と厚労省の直接対話、進展は

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   職場で女性にハイヒール・パンプス着用が強制されていることをめぐり、ネット上で広まったハッシュタグの「#KuToo」。

   これらの靴の強制問題について、市民や厚生労働省の担当者が集まって意見を交わす集会が2019年6月11日、東京都内で開かれた。署名活動をしている女優の石川優実さん(32)は集会で、「根本にジェンダーの問題がある」と強調した。

  • 厚労省側に質問する石川さん
    厚労省側に質問する石川さん
  • ローファーを履く石川さん
    ローファーを履く石川さん

ハイヒールを好きで履いている人から「やめて」

   アルバイト先で、男性スタッフは革靴、女性はヒールがあるパンプスを指定されている現場を見てきた石川さん。「なんで私たちはパンプスなんだろう、というところから始まりました」と振り返った。石川さんは「男性の靴と女性の靴が指定されているものが違うところは絶対に飛び越えて考えてはけないところ」と強調。「根本にジェンダーの問題があることは間違いない」と訴えた。「健康の問題でもあり、労働環境の問題でもあると思う」としつつも、「まずは男性と女性の履物が違うことは、皆さん忘れずに問題にしておいてほしい」と語りかけた。

   署名を出してから、「お前も我慢しろ」「どこの会社が突き止めてやる」などのバッシングや脅迫まがいの言葉を受けることも。運動が広まるにつれ、ハイヒールを好み履いている人から「やめて」と言われることが多いという。石川さんは「全然履いてもらいたいですし、私たちは履かない権利がほしいだけ」と強調する。

   石川さんが「芸能の仕事をしていたので、結構慣れているというかバッシングに。一般の女性なら会社をやめなきゃいけない。精神面もつらい、そういう女性を増やしたくないので、賛同してくださっている方いたら、みんなで...」と声を詰まらせる場面も。「どうしてもバッシングの方に目が行ってしまって怖かったんですけど、これだけ集まってくれる人もいるし、同じ思いの方もたくさんいてくれるのが、こういう集会を開いてくださってありがたいです」と感謝の言葉を述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中