2019年 12月 13日 (金)

なぜ河野外相はツイッターでウケるのか ポイントは「意外さ」「即レス」「いじられ力」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

どんなところが「すごい」のか

   その後、有言実行するように、モサオさんは「すごい所」を続々と上げる。

「ネクタイの種類が凄い」
「カレーを美味しそうに食べてて凄い」
「ベストメガネドレッサー賞受賞して凄い」
「命をかけて肝臓のドナー提供してお父さんの命を救って凄い」

   その最中にも、河野氏は「おっ、やっと四分の一ぐらいきたかな」と気にかけ、2日後に100個目へ到達すると「凄いね。あとはしばらく休んでからでよろしい」とねぎらいの言葉をかけた。完走した感想をモサオさんに聞いてみた。

「マラソンを走りきった時のような、達成感にあふれた感覚です。途中苦しい時間もありましたが、多くの方が声援をくださり、最後まで走り切ることができました。感謝しています」

   ちなみに100個あげた中で、一番すごい所は「福耳」だそうだ。

「あれほどの福耳は今まで見たことがなかったので、本当に凄いと思います」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中