2019年 12月 11日 (水)

なぜ河野外相はツイッターでウケるのか ポイントは「意外さ」「即レス」「いじられ力」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

ハンサムネタが醸し出す「アニキ感」

   最後に「いじられ力」だ。河野氏のレパートリーには「ハンサム」ネタがある。「おじさま」と言われると「おにいさま」と言い換え、「SPの人が格好良かった」とのツイートには「も(編注:SPの人も)」と訂正させる。「よく見ると男前やな」と言われれば「すぐに気づけよ」、「なんかイケメンに見えてくる」には「もともと...」とやり返す。まるで従兄と接しているような、適度な距離での「アニキ感」も持ち味だ。

   安倍内閣の「もうひとりの太郎」こと、麻生太郎財務相兼副総理も、外相時代にネット人気を集めていた。麻生氏はマンガ「ローゼン・メイデン」を読んでいたとされることから、2ちゃんねる(現5ちゃんねる)で「ローゼン麻生」なる愛称で呼ばれ、その人気が首相就任の一助となった。「ベーコン河野」は、どうなるか――?

(J-CASTニュース編集部 城戸譲)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中