2019年 10月 16日 (水)

ラグビー界のレジェンド3人が語るW杯 日本代表はいかに戦うべきか?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「ラグビーW杯2019日本大会」が、2019年9月20日に開幕する。

   サッカーW杯、五輪に次ぐ「世界3大大会」といわれる同大会開催へ向け、J-CASTニュースでは、元代表選手3氏の座談会を企画した。FB(フルバック)今泉清さん、SH(スクラムハーフ)永友洋司さん、HO(フッカー)坂田正彰さん。いずれも「桜のジャージ」をまとった、日本ラグビー界の「レジェンド」である。

   これから3回にわたり、W杯に向けての展望から、そして日本ラグビー界の今後にいたるまで、縦横に語っていただく。

(聞き手・構成/J-CASTニュース 山田大介)

  • 元ラグビー日本代表の3氏。左から坂田正彰さん、永友洋司さん、今泉清さん
    元ラグビー日本代表の3氏。左から坂田正彰さん、永友洋司さん、今泉清さん

元日本代表3氏の歴史を紐解く

   まずは、3氏の経歴を紹介しよう。

   ☆坂田正彰さん=1972年(昭和47年)、滋賀県大津市出身。兄の影響でラグビーをはじめ、高校は愛媛県の名門・新田高に進学。花園(全国高校ラグビー)にも出場、高校JAPANにも選出された。法政大に進学後は、大学日本一も経験。卒業後はサントリーに就職、また日本代表としてもプレー。ポジションは第1列(2番)で、スクラムの中でボールを足でかき出したり、ラインアウトではボールを投げ入れるスローワーとして活躍。日本代表キャップ(出場回数)33。

   ☆永友洋司さん=1971年(昭和46年)、宮崎県都農町出身。県立都城高からラグビーをはじめ、当時のポジションはFB。花園ではベスト4に進出し、高校JAPANにも選出された。160センチ台と小柄だったことから、進学した明治大ではSH(9番=スクラムからバックスへボールを供給する位置)へコンバート。1年時からレギュラーを獲得、4年時には主将に抜擢。抜群のボール嗅覚で「永友いるところにボールあり」ともいわれた。サントリーでも主将をつとめ、チームの躍進に貢献。日本一にも輝いた。現在は、キヤノン・イーグルスGM。代表キャップ8。

   ☆今泉清さん=1967年(昭和42年)、大分県大分市出身。曰く「ガキの頃から、家で暴れ回っていた」とのことで、ご両親が「外で発散すれば、夜はおとなしく眠るだろう」という判断のもと、小学1年生から地元のラグビースクールへ。大分舞鶴高―早大。WTB(ウイング)、FB(フルバック)として、1年から活躍した。同氏がキッカーだった学生時代は、キックを蹴る際に下がる「1、2、3、4、5!」というコールが国立競技場中から巻き起こり、一大「ルーティーン」ブームとなった。卒業後は、ニュージーランド留学を経て、サントリーへ入社。サントリーフーズを経て、現在は、書籍の執筆や講演活動を主に、ラグビーの魅力を日本中に伝えている。代表キャップ8。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中