2019年 7月 18日 (木)

ラグビー界のレジェンド3人が語るW杯 日本代表はいかに戦うべきか?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

サントリー時代の思わぬエピソード

   サントリー、そして日本代表...。出身大学こそ違え、一緒に楕円球を追い続けてきた「ラグビー3兄弟」は、どんな関係なのか? 年次で言うならば、今泉さんが「長兄」、永友さんが「次兄」、そして坂田さんが「末っ子」という形だ。しかし、「長兄」の今泉さんが海外へラグビー留学していたこともあり、

   「次兄」の永友さんは、

「(サントリーでは)僕の方が社歴は上でした。それで、ある時『今泉さんがチームに来る』って聞いて。えっ、あの今泉さん? という感じになって...。(大学は違うけど)先輩なのに後輩になるんだから、面倒くさかった(笑)」

   因みに3氏は、坂田さん(2番)、永友さん(9番)、今泉さん(15番)という、ラグビーにおいては「背骨=縦の中心ライン」というポジションである。そこで3人にラグビーの世界的潮流を聞き、日本代表がどう戦うべきかを聞いてみた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中