2019年 11月 16日 (土)

交流戦最下位ならV確率ゼロ? 5年前と重なる「広島の急降下」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   広島のリーグVに黄色信号が点灯した。広島は2019年6月13日、札幌ドームで日ハムと対戦し、2-2で引き分けた。広島は初回、長野久義外野手(34)の3塁打などで1点を先制するも、以降は9回までゼロ行進。10回には四球押し出しで逆転し、このまま逃げ切るかと思われたが直後に1点を許して再び同点に。結局、12回引き分けに終わり交流戦単独最下位に転落。リーグ順位は首位を死守したものの、2位・巨人とは1ゲーム差の展開となった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

DHは機能せず、リードオフマン、守護神の座を次々にはく奪

   広島は交流戦3カードを消化し、2勝6敗1分で勝率は.250と低空飛行が続いている。チーム防御率は3.36と、投手陣は奮闘しているが、打線が一向に上向かない。交流戦の大きなカギとなるDHは12日まで12球団唯一の無安打と、まったく機能せず、13日の初回に長野が放った3塁打が交流戦初のDH安打となった。

   交流戦に入って投打がかみ合わない広島だが、深刻なのはリードオフマン野間峻祥外野手(26)と守護神・中崎翔太投手(26)の不振だ。野間はここ4試合無安打で、11日の日ハム戦では不甲斐ない打撃によって5回に「懲罰交代」の屈辱を。翌12日にはスタメンから外され、5月1日の阪神戦からの1番の座をはく奪された。不振の続く中崎も中継ぎに降格し、守護神の座をはく奪された。

   貯金「13」のリーグ首位で交流戦に突入し、3カードを終えた時点で交流戦単独最下位。この流れは、2014年のものと重なる。14年は貯金「12」のリーグ首位で交流戦に入り、交流戦9勝15敗で最下位に終わった。交流戦で貯金を大きく切り崩し、リーグの最終成績は3位。なんとかAクラスを死守したものの、交流戦で優勝した巨人に7.5ゲーム差を付けられてのものだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中