2019年 10月 16日 (水)

山形沖地震の特番切り替え テレビ各局は早かった?遅かった?

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   新潟県村上市で最大震度6強を観測した大きな地震で、テレビ各局は発生からほどなくして放送内容を切り替え、地震特番を流した。

   特番へ切り替えるタイミングをめぐっては、女性タレントが「日本テレビさんは、切り替わるのが、他のテレビ局と比べて遅かった」とブログで指摘した。実際、どうだったのか。J-CASTニュース編集部が録画を確認して検証した。

  • 気象庁が6月18日22時26分に発表した「震源・震度に関する情報」(気象庁サイトより)
    気象庁が6月18日22時26分に発表した「震源・震度に関する情報」(気象庁サイトより)

大桃美代子さん「『あれ?』と思ってNHKにしたら...」

   気象庁によると、山形沖を震源とする今回の地震は2019年6月18日22時22分頃に発生した。この地震について、新潟県に実家があるタレント・大桃美代子さんが19日、ブログで言及した。前夜、東京で揺れを感じてテレビをつけたら、

「日本テレビはボンビーガールをやっていて、ずっとそのまま。『あれ?』と思ってNHKにしたら、『津波が来ます、逃げてください』と」

という状態だったと報告。さらに、

「(略)昨日の日本テレビさんは、報道特番に切り替わるのが、他のテレビ局と比べて遅かったのが気になりました」

と指摘した。自身がかつて、日本テレビ系の情報番組「ズームイン?SUPER」に出演していた経験も踏まえ、「私がズームインでお世話になっていた時は、何処よりも、命に係わる情報を早く出す。。。を徹底して(略)」いたとして、

「あの日本テレビが、、どうしたんだろう?という感じでした」

と感想を吐露していた。

   大桃さんが触れた2局を含むテレビ各局は、どのタイミングで地震特番に切り替えたのか(速報テロップは除く)。その時刻を検証した(以下の時間表記は、都内にあるJ-CASTニュース編集部内で各局番組の録画を確認し、録画開始(番組開始)からの経過時間<秒単位の表示あり>から計算した)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中